先日、この辺りの記事でもチラッと触れましたが、
『秘密のケンミンSHOW』で紹介された、福井『江川』さんの水ようかんが届きました











『マツコの知らない世界』で紹介されていた『江川』さんの水ようかんです。
取り扱っているお店は別ですが、これと同じものを買いました。
★【翌日区域のみ発送】江川の水ようかん3枚入り【冷蔵】
★【翌日区域のみ発送】江川の水ようかん3枚入り【冷蔵】




2月11日に注文したものが、14日に届きました!
思ったより早くてびっくり!
FullSizeRender




わかさまの素早さにも、びっくり!
箱を開けた途端、乗りました
FullSizeRender




中に入りたいみたいです。
FullSizeRender



水ようかんの箱がぎゅーぎゅーに詰まってるので入れませんでした。
FullSizeRender



ところで、わかさま。
水ようかんが温まっちゃうので、そろそろ…
FullSizeRender









箱から出しまして、テレビでみたパッケージだー
FullSizeRender




クラシカルな雰囲気で良いですね
FullSizeRender




箱を開けると、一面の水ようかん
FullSizeRender




裏返すと、1切れずつ小分けの容器になっていました。
FullSizeRender



1つずつ取り出しやすいです。
FullSizeRender


さっそく1切れいただきました。
FullSizeRender



舌で軽く押しつぶせるほど、ほろほろの食感!
みずみずしいのだけど、ほどける感じ。
って、分かりづらくてすみません。
とにかく、クセになる食感と、なんとも言えない後引く味わいでとっても美味しい
もちろん、1切れで終わるわけもなく、この後なんどもお皿にお代わりしました
福井の方々が、1枚全部食べるとおっしゃってたけど、お腹空いてたらペロッと食べられちゃいそうです♪
FullSizeRender





福井では、水ようかんを冬に食べる習慣があるそうです。
水羊かんと言えば、夏の風物詩といったイメージがありますよね。
でも、越前地方の福井県では冬に食べる習慣があります。
なぜそうなったのかは、よく分からないのですが、丁稚羊かんの流れをくむ等の、諸説の由来があります。
大正・昭和の頃に、丁稚奉公する丁稚さんが、里帰りの折りに食べた和菓子だったという説が最も有力な説です。
それが年月を経て、家の中に閉じこもりがちな冬の厳しい越前地方において、水羊羹が暖かい部屋の中で食べられる由縁かもしれません。
江川の水羊かんは、福井のふるさとの味として冬場に親しまれてきた水ようかんです。双目糖、黒砂糖、小豆あん、寒天をほどよく調合し、格別の味になっております。




じょりじょりは3枚入りを買いましたが
★【翌日区域のみ発送】江川の水ようかん3枚入り【冷蔵】
★【翌日区域のみ発送】江川の水ようかん3枚入り【冷蔵】



5枚入りも売ってました。
★【翌日区域のみ発送】江川の水ようかん5枚入り【冷蔵】
★【翌日区域のみ発送】江川の水ようかん5枚入り【冷蔵】



水ようかんも入った福井名産の詰め合わせもおいしそうです
送料込みで、水ようかんを含めた色々なものを試せるのが良いですね!
先に気付いていたら、こっちにしたかもだー。
水ようかん3箱は、2人暮らしにはちょっと多すぎた
★2020冬 ふくいのたから 膳11-2【送料無料】
★2020冬 ふくいのたから 膳11-2【送料無料】


こっちのセットも良いな
ふくいのたから 福2020冬11-8【冷蔵】【送料無料】
ふくいのたから 福2020冬11-8【冷蔵】【送料無料】






・・・・・



おまけ


箱から出てきたわかさまは、今度はテーブルで遊んでた。
IMG_0267



お兄にゃんの尻尾が気になって仕方がないオトシゴロなんです
FullSizeRender



お兄ちゃんが\やだ/って言ったらやめるんだよ。
わかった?
FullSizeRender



\うーん…/
FullSizeRender



\お兄ちゃんのおしっぽは、うなぎのようで魅力的でち/
FullSizeRender



聞いてないな( ¯ᒡ̱¯ )