このあいだのおやつ。
P7284334



マンゴーサンデーを作りました。
と言っても、アイスの周りにカットしたマンゴーを並べて、生クリームを乗せて、クッキーと砕いたピスタチオをトッピングしただけ♪
すぐにできるやつです。
P7284338



クッキーは、先日leafさんにいただいた、シェ・シバタのクッキー缶の中の1枚♪
マンゴーとチョコの組み合わせ、コルドンブルーの卒業制作で作ったアントルメで作ったっけ。
P7284341



コレ…
今見ると、なんじゃこりゃ??です
d060b75a



チョコレートの階段を上ると、オレンジの太陽があるという…
意味はないです(⑉་ ⍸ ་⑉)
なんとなく、元気そうな感じ??
0a3dbae6



ちなみに、ケーキ本体よりも、土台の砂糖細工の鳥さんやオレンジの切り口の方が気に入ってます
佐藤細工のコピー




蠣崎マコトさんのデザートカップに作ったサンデー
うつわをうっとりと眺めながら、美味しくいただきました♪
P7284346




ちなみに、「パフェ」と「サンデー」ってどんな違いがあるんだ??
って考えたことありますか??



前に調べたところによると、
・パフェは、フランス語の「パルフェ(完全な)」が語源の和製日本語だそうです。
・サンデーは、アメリカ生まれで、もともとはクリームソーダの代わりにアイスにソースをかけたのが始まりだそうです。

「パフェ」と「サンデー」の明確な違いは、正直なところ生まれた場所と名前だけだそう。
生まれた経緯や定義などは諸説があり、実ははっきりしていない部分が多いそうです。



◆「パフェ」はフランス由来

「パフェ」はフランス語「パルフェ(parfait)」に由来する和製語。「完全な」という意味の言葉です。

フランスの「パルフェ」は、卵黄に砂糖やホイップクリームを混ぜて、型に詰めて凍らせたアイスクリーム状の冷菓に、ソースや冷やした果物を添えて皿で供するデザート。

諸説ありますが、フランスではもともと昼食のあとに食べるデザートとして考案されたのが「パルフェ」と呼ばれているようです。フランスなので、コース料理の最後に出てくるということです。

なんだか「パフェ」および「パルフェ」は、ちょっと贅沢なデザートのイメージがありますね。

ちなみに、日本の「パフェ」はいろんなものがもりもりのっていますが、「パルフェ」はあくまでアイスクリームがメインと言われています。

 

◆「サンデー」はアメリカ生まれ

もともとアメリカではクリームソーダが大人気だったらしいのですが、キリスト教の安息日である日曜日などに、販売が中止されてしまったそう。

そこでその代わりに販売されたのが「サンデー」。「ソーダがダメならソースをかければいいじゃない!」的な発想で生まれ、クリームソーダの販売中止を悲しんでいた人たちに大評判になったと言われています。

つまり、パフェによく似たデザート「サンデー」の言葉の意味は、名前のとおり「日曜日」という意味なんですね。当時はアイスクリームにチョコレートなどをトッピングして売り出されました。

でも、単語のつづりは「Sunday」ではなく「Sundae」。「Sunday」はキリスト教の「主の日」の意味があるために、つづりが異なるとのこと。

ちなみにこれは蛇足ですが、「サンデー」の食べ残しにソーダを加えると「マンデー」と呼ばれるらしいです。





\ひめちゃん、どっちでもいいわ。ちゅーる的なのがいいわ。/
P7284347




\ここからちゅーるが出てくるのかしら?/
P7284348



\出ないわね…/
P7284349



\もう一回たしかめちゃお♪/
P7284352



\歯ぐき、ぐいってしてやったわ♪/
P7284350







あーちゃん⭐︎さん、去年のマンゴーパフェのこと思い出させてくださってありがとうございます!
わたくし、すっかり忘れてました…
せっかくなので、リンク貼っておきます♪


去年のマンゴーパフェはこちら。