ご訪問ありがとうございます。
joli!joli!(じょりじょり)と言います 

このブログは、
飼い猫のアビシニアンのことや
毎日のおうちごはん、
おでかけ記録や美味しいお店のことなどを書いています。
日常に、
ちょっぴりの癒しや、
ちょっぴりの潤いになれば嬉しいです♪

sozai_image_36834のコピー2



京都食べ歩きの続きです
久々すぎて忘れそうですが、
まだ続きがあるんですよー
まだまだ続いてしまいます。


1日目のキロク①はこちら



1日目のキロク②はこちら





さて、今回は1日目の夜ごはんです。


この夜は、陶芸作家の木村涼子さんも合流して、
梨さんと3人でお食事をしました♪


和食で探したところ、なにやら新しく素敵なお店ができていることを察知


Kyo gastronomy KOZO(キョウガストロノミーコウゾウ)
IMG_2738


和食をベースに、フレンチや分子ガストロノミーの技法を取り入れたお店だそう。
ガストロノミーの意味がよくわからないので調べてみてもよくわかりませんでした
Wikipediaのリンク貼っておきます → ガストロノミーとは



一休レストランの口コミもとても良くて、期待の持てるお店だと思います
 →一休レストランのページ

御所南にある小さな隠れ家レストラン。和食をベースにフレンチや分子ガストロノミーの技法を取り入れた新しいスタイルのコース料理。 食材選び、メニュー開発から調理まで一品一品、オーナーシェフ自らが手掛けている。 美味しさや見た目にこだわることはもちろん、シェフが最も大切にしているのは“心”。料理は作り手の心が顕著に反映されるもの。お客様に美味しい物を食べてほしい、喜んでもらいたいというシェフの心がこもった料理は、数多の美食家たちをも魅了している。



このお店のスペシャリテは「苔テラリウム」
グラスの中に、庭園が表現されている!
IMG_2743


なんとこれ、全てを食べられるんです
黒い岩みたいなのは、ポテトのマッシュに炭の粉をまぶしてあるんだったかな?
白いつぶつぶは、ライスパフみたいなものでした。
IMG_2744


最初から、見た目でグッと掴まれます
もったいなくて崩せない!
けど、美味しそうなのでいただきます
IMG_2747



食べても美味しい!
サクサクや色々な葉っぱの香りなどがマッチして、
とても美味しい前菜でした。
IMG_2750



次のスープも、なにやらかっこよく運ばれてきた!
IMG_2751



そら豆のポタージュだった記憶(薄れてきている)
スプーンには、何かが揚げられてサクサクしたものとエビなどが乗っていて
IMG_2754



これを、ポタージュに沈めて混ぜながらいただきます。
自分で最後の作業ができるって、なんだか楽しくてワクワクします
IMG_2756



次は、ガラスドームの煙の中に入ってやってきた!
IMG_2760



目の前で開けてくれると、ほのかなスモーク臭が。
食欲そそる!
IMG_2761



中には、ハマグリが入ってました。
この日は3月3日のひな祭りの日だったからかな
IMG_2763



白い半透明のつぶつぶは、なんと手作りのすだちの寒天だそう!
ものすごく根気のいる作業なのではないかと見るからに思います。
IMG_2766


つぎは、ホタルイカと酢味噌のフィットチーネ。
念の為確認ですが、和食だそうです。
IMG_2771



このフィットチーネ、口に入れるとほろほろと溶けてすごく美味しい!
新感覚の食感で、楽しくて、何度も口に運びたくなりますー
上にかかっている赤紫色の粉は、柴漬けを乾燥して粉にしたものだそう。
京都らしさも味わえて、嬉しい一皿でした。
IMG_2773



メインのお魚。
IMG_2777



わ…忘れた。
なんだったかな??
カリフラワーのムースの上に乗っかってた、白身のお魚。
バターの香りがしてたから、フレンチみたいなんだけど、
ソースなどにはお出汁を使っていて、和食寄りになっています。
何を食べても美味しい
IMG_2778



お口直しのグラニテ(ブラッドオレンジ)を挟んで
IMG_2779



お肉料理は、鴨。好きです
おうちでは、なかなかできないから、嬉しい
縦の盛り付けが、ちょっと斬新♪
お塩、わさび、ふきのとうのソースだったかな?でいただきます。
IMG_2784



かもはレアで、とっても美味しかったです
IMG_2785



最後にお食事が届きました。
食事中にパンがなくて、最後にご飯がくるところは和食だって思い起こさせます。
IMG_2789


ホタテのごはんと赤だしでした。
この日一番、和食を感じました
IMG_2793



デザートがやってきたのだけど、
これがまた、おぉーっと声が出ちゃうものが運ばれてきました!
グラスの中に、薄いサブレが浮いている!
口の口径よりも直径が長いサブレをどうやっていれるのかは…
秘密だそうですが、あぁするのだとするとこれは大変な作業だぁ
IMG_2805



上から、凍ったラズベリーの粒をカラカラとかけてくれるのも楽しい♪
液体窒素で固めてるんですかね??
IMG_2800



見た目もさることながら、味もとっても美味しかったです
IMG_2801



趣向を凝らしたお料理の数々に感動して、
感動冷めやらぬまま、振り返っていると、
最後のお菓子とお茶がやってきました。
IMG_2813



お内裏様とお雛様のねりきり!
あと、お花のメレンゲ菓子。
最後まで楽しませていただいて、満足すぎました
IMG_2814




お料理をしている時のシェフは、真剣そのもので話しかけづらいのかと思ったのですが、
食後にご挨拶に来てくださった様子は、とてもフレンドリーでお客様思いの方でした。
若くて、研究熱心で、お客様を楽しませたいという思いがひしひしと伝わってきて、
今後も頑張って欲しいなって思いました。
他のスタッフの方々も、とても親切にしてくださり
とても素敵な時間を楽しませていただきました。
ありがとうございました。


京都に行かれた際は、ぜひ、こちらのお店も行ってみてください



*****


Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)

住所
京都府京都市中京区富小路通竹屋町上ル桝屋町325-3 森田ビル 1F

交通手段

地下鉄烏丸線『丸太町駅』よ徒歩8分
京都市バス『裁判所前』より徒歩2分

丸太町駅(京都市営)から510m




営業時間
【火~日・祝】
【ランチ】
12:00〜15:00
※12:00入店、
一斉スタートとさせていたただいております。

【ディナー】
18:00〜22:30 19:30〜22:30
※18:00入店、19:30入店の二部制
それぞれ一斉スタートとさせていただいております。

定休日
月曜定休月曜祝日の場合は火曜休み




\わたしどれから手をつけたら良いか迷っちゃうわ
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ 







インスタグラムもぼちぼちやってます 
  ↓ 

いんすたちび子



\ ラインで更新通知が届くのニャ /

ラインで読者になるボタン



こちらからは、レシピのみ閲覧できます
見たい分類のアイコンをポチッとしてください♪
36



2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ