悪化の一途を辿る、症状…(*´ェ`*)


これは、インフルエンザ自体の症状というより、
インフルエンザを引き金に、上咽頭の炎症が強く出ている気がします。
この部分の治療をしてもらうには、耳鼻科へ行くしかなく、
しかも、上咽頭に直接薬を塗る「bスポット治療」というのは、耳鼻科でもなかなかやってもらえるところはありません。
10年ほど前、じょりじょりが、初めてこの治療をした時には、上咽頭炎についても知らない先生が多く、治療のできる病院が少なかったです。



bスポット治療については、こちらに詳しく書かれています。
bスポットという場所に、塩化亜鉛を直接の塗ります。
のどちんこの裏側からけんめんしを直接差し込む形になるので、見た目にもこわいです。
そして、めちゃくちゃしみます(T . T)

(画像お借りしました)



上咽頭について詳しい先生ではないと、この治療はしてもらえません。


折しも年末の、病院が通常業務をしていない時期…
今日、診てもらえる耳鼻科をだんなさまが探してくれて
隣町まで行ってきました。


すると、その先生はとても頼もしく
上咽頭炎にも、精通していらっしゃるようで、
bスポット治療もしていただくことができました✨


涙ちょちょぎれなんてもんじゃないほど痛いし、出血もあり、しみて泣きそうではありますが、
ようやく、治療をしてもらえて少し安心しました。





この後、気持ち悪い声帯付近の写真があるので
苦手な方は飛ばしてください。









ファイバースコープで撮ってもらったら、上咽頭は真っ赤になってました(T . T)
これは、声帯付近の写真。
なぜか、この写真だけもらえた…







抗生剤やステロイド剤もいただいたので
今後はきっと、よくなって行くと思います。
インフルエンザ、厄介ですね(T . T)



*****



せっかくの年末というのに
辛気臭いお話の後には、
猫たちで和んでください(*´ω`*)


熱にうなされて起きた時に、この顔を見ると和みます(*´ω`*)


足元には、ずーっとちび子がいます(*´ω`*)



ひめちゃんは、くっいて寝ています(*´ω`*)



お布団からちょっと出た隙に
ちび子がひめちゃんをペロリしにきてました



仲良しで嬉しいな(*´ω`*)



でも、お布団の真ん中占領されて、ちょっぴり困ったよ( ̄▽ ̄)






にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ 



インスタグラムもぼちぼちやってます  
  ↓  

いんすたちび子 



\ ラインで更新通知が届くのニャ / 

ラインで読者になるボタン 



こちらからは、レシピのみ閲覧できます 
見たい分類のアイコンをポチッとしてください♪ 
36 



2 
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪ 


 

にほんブログ村 猫ブログへ