ひなちゃんの調子が戻りません…


意識があるのかないのか、
呼びかけには反応なく、
歩くのもままならない状態です。
麻酔からなかなか覚めないような雰囲気が、
もう、2〜3日続いています。


今日は、トイレに行こうと歩き出したものの、
途中でへたって、座り込んでしまいました。


貧血が改善すれば楽になるという先生の言葉を信じて良いのだろうか…


今のひなちゃんを見ていると、
とうてい楽になったようには思えません。


瞳孔が開いたままでほとんど反応もなく、
動くこともままならない。
たま男の最期の時とあまりにも似過ぎていて、嫌な予感がしてしまいます…


こんな感じの状態から、元気になった猫さんがいることをご存知の方いらっしゃいますか?


ひなちゃんを、苦しめたくないのに
こんなにしてしまって、辛いです。


辛くて辛くて、たまらないです。





追記です。
言葉足らずでご心配おかけしてすみません。


トイレに行くのにへたってしまいしたが、介添えしておしっこは出しています。
今日は、4回しています。


目に表情はないもの、見えてはいるようです。


夜間急病は車で15分ほどのところにあります。
いつでもスタンバイできています。



今回、輸血以降の処置は、別の病院に行っています。
頼りになる先生です。
ひなちゃんの抗ガン剤治療をしていただいていた先生も良くしていただいたのですが、
たまたまその先生が学会で不在の時に貧血の症状が出てしまいました。その際に同じ病院の代わりに診ていただいた先生があまりにも患者の話を聞かないので、この先生の言うことはあてにはならないと見限りました。
そのあてにならない診察から帰って来た日曜の夜7時(おおかたの病院が受付終了の時間)になる直前に輸血のできる病院を手当たり次第探して、現在の病院に至っています。
代理の先生の話を鵜呑みにしていたら、間に合わなかったかもしれません。


その他、疑問にお答えしきれない部分があったらすみません。


皆さん、いつも親身に色々なことを考えてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。






にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ



\ ラインで更新通知が届くのニャ /

ラインで読者になるボタン


36




こちらからは、レシピのみ閲覧できます
見たい分類のアイコンをポチッとしてください♪
36



livedoorBlogのページに「おすすめブログ速報」がリリースされたそうですー。
「絵日記」「料理・レシピ」「インテリア」の3つのジャンルに特化しているそうです。


2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ