今朝は、我が家で迎える初の朝。
P1010888



お雑煮で、新年を迎えました。
お雑煮は、スガハラガラスさんのガラスのお椀に入れてみました
P1010908



酉年ということで、大根と人参で鶏にしてみました。
P1010905



キャラお雑煮
P1010904



我が家のお雑煮は、和歌山出身のだんなさまに合わせて、関西風の白味噌仕立てです。
大根と、金時人参と、ごぼうが入っています。
じょりじょりの生まれた東海地方では、すまし汁に餅菜というのが入るだけという
すごくシンプルなものでした。
実家では今でも、このシンプルなものをいただいています。
P1010891



お雑煮を新年に食べるわけは、こんなだそうですー。
雑煮の歴史は古く、室町時代頃にはすでに食されていたようです。当時、武士の宴会では必ず一番初めに酒の肴〔さかな〕として雑煮が振舞われていました。すなわち雑煮は宴の一番最初に食べる縁起のよい料理で、雑煮を食べなければ宴がはじまりませんでした。この習わしをもとに、一年の始まりである元日に雑煮を食べるようになったと言われています。




花びら餅も食べました。
今年は、年末に用意するのを忘れちゃって諦めてたのだけど、
実家へ向かう道中の、大津サービスエリアにある
「叶松寿庵」さんで買うことができました
P1010882



前は好きじゃなかった、ごぼうとお味噌の組み合わせだけど、
今は、なんだかクセになって、毎年食べたくなります。
P1010883



「花びら餅」とは
花弁餅、花片餅とも書き、菱葩餅(ひしはなびらもち)ともいう。白餅を丸く平らに延ばして、上に小豆(あずき)汁で染めた菱形の薄い餅を重ね、蜜(みつ)漬けにして柔らかくしたふくさごぼうと白みその餡(あん)を入れて、編笠(あみがさ)の形に二つ折りにする。菱餅の紅色が白餅から透けて、みやびな淡紅色となる。茶道では初釜(はつがま)に用いる代表的な菓子の一つである。皇室では正月行事用につくるが、本来は鏡餅に押しあゆ、ダイコンを添えた御所鏡に始まるもので、ふくさごぼうは押しあゆの名残(なごり)である。



ことしも、鏡餅は、弟が杵つきしてくれたお餅で作ってくれていました。
P1010898



ガラスのプレートに乗せただけにしちゃった
上に乗せた橙は、実家のお庭でなっていたものです。
P1010901



鏡餅とは

お正月を迎えるために飾る飾りというイメージの強い鏡餅ですが
本来は、歳神様を迎えるために供えるお供物です。
鏡餅が丸い形は円満を、
2つ重ねるのはかさねがさねを表しています。
つまり、円満に年を重ねるという意味です。
お餅は、古くから神様に供える食物の1つで
古い時代のお正月には、毎年平たい丸い餅をお供えしていました。
年に一度訪れる歳神様にお年玉を与えてもらうためでした。
お年玉は「お年魂」で、
一年を力強く生きていくために必要な力の源です。
また、鏡餅には、お正月の間歳神様が宿るとも言われます。
供えていた鏡餅を、鏡開きの日に皆で食べることで
そこに宿った力を分けていただくと共に
一年間の健康や幸せを願います。




以上、3つのお餅紹介でした
お正月って、お餅に触れる機会が多いですねー







にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ






36




こちらからは、レシピのみ閲覧できます
見たい分類のアイコンをポチッとしてください♪
36



livedoorBlogのページに「おすすめブログ速報」がリリースされたそうですー。
「絵日記」「料理・レシピ」「インテリア」の3つのジャンルに特化しているそうです。


2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ