一昨日になりますが、またまた京都へ行ってきました♪
前に食べ損ねたデザートを食べに行ったんですけど、
なんと、お店が定休日でした
なぜ、事前に調べなかったのか悔やまれますが
そこは京都、行きたいトコロはいっぱいあります


気を取り直して、まずは、お雑煮用のお味噌を買いに
本田味噌本店」さんへ行きました。
IMG_7462


「お正月ように」とお願いすると、新米で作ったお味噌を勧められました。
お雑煮が楽しみだなー
IMG_7616



お味噌を買ったあとは、小籠包がおいしいと噂の気になっていたお店へ♪
三条商店街にある「魏飯夷堂 ( ぎはんえびすどう )」という中華料理屋さんです。
大阪の北新地にもあるそうですよ。
このお店、中華なのに、看板に「味噌」とあります。しかも、本田商店!
直前に行った本田味噌さんと関係あるのかな??
なんて気になりつつ、店内へ。
いつもはすごく行列らしいのですが、この日はすぐに入ることができました
IMG_7464



店先では、職人さんが点心を作っていらっしゃいました。
IMG_7492

魏飯夷堂三条店のある京都三条会商店街近くに住んでいた店主・魏 禧之。兼ねてよりビールを片手に美味しい餃子を食べられる店を作りたいと考えていました。さらに生まれ育った横浜中華街の、とある店の点心師・陳さんが作る小籠包の味を忘れられず、いつか再現したい思い続けていたのです。そこで新店の開業を決意。老舗の味噌店跡の建物を改装し、魏飯夷堂の開店準備を始めました。

しかし、店は出来たものの、肝心な納得いく小籠包が作れません。魏は、中華街で湖南料理店「明掦」を営んでいた父に尋ねたり、日本各地から食材を取り寄せるなどしたりして毎晩、厨房で思考錯誤を重ねました。やがて上海出身の点心師であり、現在の三条店の点心師・王 鉄勇との出逢いにも恵まれ、結果、半年以上の月日をかけて今日の「魏飯夷堂の小籠包」を生み出したのです。 

こちらのオーナーは、創作中華で有名な「一之舟入」の方だそうです 



店内は、 広々としていて、趣のある居心地の良い空間でした。
IMG_7489


ランチはすごくリーズナブル!
800円でランチセットがあり、
どのセットにも200円プラスすれば、名物の小籠包(2つ)とデザートの杏仁豆腐が付きます
IMG_7465



点心のメニューも色々ありました。
IMG_7469


お飲物のメニュー
IMG_7470



ランチのコースも2000円でありました!
IMG_7471



じょりじょりは「特製ランチ」の揚げそばをチョイス。
だんなさまは「揚げ鶏の薬味ソースがけ」をチョイス。


まずは、小籠包がやってきました!
IMG_7473

 
 頭の先をつまんで、レンゲに乗せて


皮の一部を破って、でてきたスープをまずいただきます。
美味しいー(๑˃̵ᴗ˂̵)




最後は、黒酢に浸した生姜を乗っけて
パクッといただきます♪
すっごく美味しいー(๑>◡<๑)


小籠包が美味しかったから、後から単品で頼もうか!
なんて言っていたけど
ランチセットのボリュームを見て諦めました。


だんなさまの、揚げ鶏の薬味ソース
画面では伝わりにくいですが
すごいボリュームです!
でっかい‼︎


これに、ご飯またはお粥(お代わり自由)と、スープとザーサイと杏仁豆腐が付きます。


じょりじょりでの、あんかけ揚げそば。
これも、画面では伝わりにくいけど、すごくボリューム!
ここに、お粥をつけることもできるそうで、お願いしました✨


サクサクの麺と、とろ〜りあんかけが美味しかったー!


このお粥も、優しい味ですごく美味しかったです!


杏仁豆腐はトロッと柔らか系。
フルーツも乗ってて美味しかったー✨




そんなこんなで、噂の小籠包屋さんは
とってもお得で美味しくて、大満足でした!
家の近くだったら、間違いなく通っちゃうなー‼︎

えーん
お引越ししたら、行けなくなるぅ(T . T)
と、気付いた時には遅かった…



さて、この後は、ここから歩いて1分ほどにある
行列のできるモンブランを食べに行きます♪
じょりじょり2回目の訪問ですー



にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ






36




こちらからは、レシピのみ閲覧できます
見たい分類のアイコンをポチッとしてください♪
36



livedoorBlogのページに「おすすめブログ速報」がリリースされたそうですー。
「絵日記」「料理・レシピ」「インテリア」の3つのジャンルに特化しているそうです。


2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ