先日、子宮内膜症の再発のことを、ブログにちらりと書いた所
コメントで「ひまし油湿布」が良いと教えていただきました。


調べてみたら、なかなか良さそう
ということで、買ってみました♪
IMG_0714


ひまし油湿布を調べると「ケイシー療法」というの出会いました。
なんでも、エドガーケイシーさんという方が提唱した治療法だそうです。

エドガー・ケイシーは、1924年から44年までの20年間に不治の病や原因不明の病気を治すことに尽力しました。
●ケイシー療法の4つの原理
【循環】 血液・リンパ液からなる体液の循環
【同化】食べた物を適切に消化吸収すること
【休息/休眠】体を充分に休めること
【排泄】 体内の老廃物を適切に排泄すること
この原理の中でも、ケイシーは特に4番目の「排泄」を非常に重視し、体内に毒素(老廃物)が蓄積されることを病気の最大の原因と見なしています。
体内に蓄積された毒素(老廃物)を排泄する方法として、ケイシーは食事による方法の他に、 ひまし油温熱パックなどを勧めています。

オイルは、冷圧搾法でゆっくりと絞られた未精製のものが良いそうです。


やりかたはこんな感じだそう。
54
01



じょりじょりも、早速やってみたよ!
温めるのに、ヨーグルトサポーターを使ってみた。
これ、50度くらいになります。
IMG_0737


これです。
ヨーグルトが簡単に作れるので、とっても便利に使ってます♪
ヨーグルトサポーター(ヨーグルト発酵器)



お腹見えてるけど…
こんな感じ
ひまし油を染み込ませたフランネルの布をお腹に当てて
ラップで覆って
ヨーグルトサポーターで温める
そして、1時間ほどぼんやり過ごす。
その後、重曹を溶かしたお湯で拭き取る(これも重要みたいだ)
IMG_0735



するとどうでしょう。
身体中がダルくなって、やたら喉が乾きましたー。
喉が乾きすぎて、1時間で1.5リットルのお水を飲み切りました。

もし湿布の後にかえって疲れを感じてしまったら、それは体が本当に休息を必要としているか、解毒をしなければいけないというサイン。食事を控えめにして早めに就寝するようにしましょう。体の発する声に耳を傾けることが大事です。


なるほど。解毒作用だったのかもです。


これを3日続けて、4日目にはオリーブオイルを飲む。
次の4日間はお休みして、また繰り返す。
3週続けたあとは、1週休む。

ふむ。
大変だけどやってみようかな!


と、思った矢先…
2日目を終えたところで、内膜症のお薬を飲むことになりました
IMG_0904



これ、お薬と並行してやってもいいのかな??
よくわかんないから、とりあえず「ひまし油湿布」はお休みすることにします。

でも、初日のあの倦怠感と喉の渇きは、解毒されてるっぽくて気になりますー。


フランネルに染み込ませたひまし油は繰り返し使えるそうです。
油を浸した面を内側に二つ折りにして、ラップに包んで、ジップロックに入れておきました。
また、再開するときに使えるかなー?
IMG_0738



\ お腹、良くなるといいね /
IMG_0716



うん。



ひまし油湿布、志半ばで断念中ですが、様子をみて再開してみたいです♪



じょりじょりが揃えた、ひまし油とフランネル布
[UB001]エドガーケイシー療法 ひまし油220ml【マッサージオイル】[RPT]

[UB001]〜ひまし油湿布におすすめ〜 コットンフランネル[RPT]


 


そうそう。
トトロさんは、ひまし油で頭皮パックしているそうですよー → ***


最近、頭皮に不安のあるだんなさまにもオススメしちゃおう♪





にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ







こちらからは、レシピのみ閲覧できます
見たい分類のアイコンをポチッとしてください♪
36



livedoorBlogのページに「おすすめブログ速報」がリリースされたそうですー。
「絵日記」「料理・レシピ」「インテリア」の3つのジャンルに特化しているそうです。


2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ