IMG_9592


連休の序盤、鳥取砂丘へ遊びにいってきました♪
まだブログに書けてないから、旅日記書かなくては(←記憶薄れている


その時に、
「せっかく鳥取にきたから、すなば珈琲へ行ってみよう!」と、
お店に行ってみると…大行列
時間のない観光客の我々は、ここは断念
駐車場で見かけたかわいいトラックだけ写真に撮らせてもらちゃった♪
IMG_9416



すなば珈琲はあきらめて、鳥取にできたというスタバへ行ってきました♪
47都道府県で最後にできたスタバだそうですねー。
オープン当日は、1000人以上の行列ができたとか!
こっちも、なかなかの混雑ぶり!
IMG_9572


お店の中は、モダンながらも木のぬくもりがあって居心地が良かったです。
IMG_9577

IMG_9573


注文したものは、
アイスコーヒー
抹茶クリームフラペチーノ(エスプレッソショット追加+50円)
バジルチキンサンド
IMG_9580


甘い抹茶に、苦味のきいたエスプレッソショット美味しい
IMG_9584


とっても気持ちの良いお天気だったので、外のテラスでいただきました♪
IMG_9586


真ん中に大きな木があるって気持ちいいなー♪
IMG_9594



スタバを満喫した後は、鳥取の美味しいものでも買って帰ろうと
懐かしい(子供の時によくいただいた)打吹公園だんごを買いに行きました。
これ、倉吉のお菓子だから、鳥取市内では扱っているお店があまりないようですねー。
鳥取駅構内の売店にあることを確認して、買いに行きました。
IMG_9688


小さめのお団子、こしあんのなかにお餅?が入っているんですが
なんとも言えない美味しさですー
この、色の配置も良いな!
IMG_9689



打吹公園だんご
ことの起こりは元弘三年、後醍醐天皇を、隠岐島より船上山にお迎えした名和長年公が、甘茶団子をさしあげたという故事を伝え聞いた、ときは明治十三年、初代の石谷すま女によって創業とあいなりました。当初は餡をまぶしただけの団子でございましたが、明治の中ほどから今の姿となりました。  

地元の糯米粉に蜜を入れ、練って、蒸して、また練って、更に蒸すこと八時間。こうして出来あがった餅を、手亡の白餡、小豆餡、抹茶餡の三種で包み、なんとも素朴で愛らしい三色串団子の出来あがりでございます。  

四代目の石谷文海にいたっては、気に入らぬ餡が出来ようものなら即座に捨てるほど、味にはこだわりを持っていたと申します。創業以来、はや百二十数年、添加物を一切使わず、だんご作りただ一筋に今日まで、変わらぬ風味を守り通しております。


鳥取旅行のことは、次で紹介しまーす。







2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ