P4256326



2013年4月23日から、2014年8月末までの1年4ヶ月間。
ほぼ毎日とり続けた、ひなちゃんのリンパ腫の記録です。

もしかして、同じような病気の子の手助けになればと思い、
どんなことをしていたのか、書きました。

抗がん剤治療は、計19回。4種類のお薬をサイクルで投与しました。
教科書通りの治療に、ひな子の状態を織り交ぜながらの、
先生にお任せの、ひな子用治療になりました。

タグなし:L−アスパラギナーゼ
黄色:ビンクリスチン(8回)
水色:シクロフォスファミド(5回)
ピンク:ドキソルビシン(2回)
薄緑:メトトレキサート(3回)
P4256336



3月22日に、下痢の症状で病院に通い始めたのが始まりでした。
ここでは、下痢の治療のみで計7回、1ヶ月通っても改善がまったく見られず。
思い切って、別の病院(現在、診てもらっている病院)へ行くことにしたのが4月23日でした。
半日おあずかりで、血液検査やレントゲンなどの検査を受け、
消化管と腎臓の周りに「リンパ腫」と見られる影があると診断されました。
話を聞きながら、こらえきれず涙が溢れてきました。

そして、治療をするか否かの選択を迫られることになりました。
症状は進んでいて、猶予はありませんでした。

①緩和ケアのみ
②リンパ腫の仮診断をつけて、抗がん剤治療を始める。
③針生検をして確定診断してから治療を始める。

先生の「リンパ腫は、抗がん剤がよく効く病気です。まだ諦める段階ではないです。」
との言葉に少しの希望を託し、治療に踏み切りました。
待っている余裕はないとのことで、生検を待たずに抗がん剤治療をすることにしました。
②、③の同時進行です。
ただ、生検は結局できませんでした。
ひな子の血液が「固まりにくい」ということで、太い針を刺すこと自体が危険だというためです。
確定診断ができず、臨床診断での治療の選択でした。
予備知識のない中での治療の選択は、とても怖かったです。
P4256297


翌日24日、最初の抗がん剤治療が始まりました。
病院に行く前に嘔吐を4回していたので、吐き気止めの点滴もしてもらっています。
吐き気止めが効いたのか、帰ってからヨーグルトをスプーンに1杯舐めてくれました。
(前日は、まったく何も口にせず)
ミストサナをした後にゴキゲンになって、
この日、久しぶりにウェットフードを少し(25g)食べました。
P4256299


翌、25日。
元気なく寝ている様子でした。
腸閉塞の心配もあり(その後、大丈夫だった)、予断の許されない状況でした。
嘔吐はなく、ご飯は計50g、前日の倍量食べられました。
P4256300


26日
腎臓のケアのため、病院へ点滴に行きました。
この日、羽のおもちゃにじゃれついて遊びました。
病院から戻ったら、久しぶりにカリカリを食べました。
たま男に鰹節をあげている場面を見て、慌てて走り寄ってきて、競うように食べました。
ケーキのクリームやまぐろの水煮を美味しそうに食べました。
美味しそうに食べるという行為は、この日から久しぶりに見られました。
抗がん剤がもう効き始めたのかな!
P4256308


27日
久しぶりに、おもちゃを運び出していた。(元気のバロメーター)
ガチャピンのちっこいぬいぐるみが1個だけだけど、嬉しかった。
爪を研いだり、グルーミングすることもできるくらい元気を取り戻してきた。
P4256309


1週間ほどは、ほとんど寝ないでひな子の様子を見張っていた記憶です。


毎日毎日、ひな子の様子を記録して、
通院のたびに、先生にこまかく報告していました。
P4256310


「食事、お水、お薬、おしっこ、うんち」は、しっかり記録。
食べた量とうんちの量、お水の量とおしっこの量がおかしくないかを見ました。
image


用紙がなくなって、途中から枠を作りました。
ここで吐いているのは、抗がん剤の副作用によるものと思われました。
ひな子は、シクロフォスファミドという薬で副作用が強くでるようでした。
この記録が、次回の薬の量を80%まで減らしてみるという指標になりました。
P4256330


抗がん剤の種類によっては、副作用の強くでるものもあり、
ご飯を食べさせなければならないものの、
吐かないようコントロールするのが難しかったです。
P4256331


3ヶ月が過ぎた頃から、かなり元気になり
毎日1ページだった記録が、2週間で1ページになりました。
かなり元気を取り戻したものの、抗がん剤投与後は相変わらず副作用に苦しみました。
P4256332 (1)


「おしっこうんち表」も作って、毎日観察を続けました。
P4256333


こうやって、毎日必死にひなちゃんと向き合って8ヶ月後の12月23日
予定していたより早く、抗がん剤治療の投与が終了しました。


治療後の血液検査の結果
左が、初めて病院に行った日の結果。異常値を示す赤枠の項目がたくさんありました。
右が、治療1年後の結果。異常値がなくなりました。
P4256334



抗がん剤治療中は、
副作用で、吐いたり、ヒゲがなくなっちゃったり、爪が細くなったり…
そんな姿を見るたびに、
「辛い思いをさせてまで治療をして良いのか」と葛藤もありましたが、
発病から3年。
治療が終わって、2年4ヶ月。
今、すごく元気に暮らせていることがとっても嬉しいです♪
先生、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。
P4256307



このまま、寛解がずーっと続いてくれますように。





去年の様子です

ひなちゃん、最初の抗がん剤から2年経った時の様子






2
お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです♪





にほんブログ村 猫ブログへ