こんばんは

今日は、久々に仕事にいったjoli!joli!です。

新しい職場に行き始めて2日行っただけでダウン

いきなり1週間もお休みしてしまって…

「今日、私は職場に行ってもいいのかしら??」

と、不安なまま行ってきました

あぁ…申し訳ない


首にならないようしてくださったN先生、

優しく仕事を教えて下さったMさん、

今日はありがとうございました。

これからしっかりがんばります!!




突如話は変わりまして。


週末、だんなさまと久しぶりにお出かけした時、

電車の吊り広告に

「イタリア展」の文字を発見!!


「ちょっとだけ行ってみようか~」って

20分くらいしか時間がなかったけど、ふらりと立ち寄ってきました^^

「イタリア展」「フランス展」ってなんだかウキウキします


すごくかわいいグラッパ用のデキャンタがあったんですが

た…高い

すごすご退散


で、

だんなさまの 熱烈な リクエストで

生パスタ:2人前×3種類=1000円

をGet!!  安い^^


そしてそして、

私の切望するカラスミがあった♪

でっかいのを手に取ると、何と10000円以上もするじゃないですか!

ふらりと立ち寄ったお店で、そんな贅沢はできませんよ~

ロングウインナーみたいな、細~いカラスミ(1600円)で我慢しました

へー、こんな細っそ~いカラスミもあるんだぁ

そんなわけで、貧乏臭いカラスミの画像はありませんのよ。 オホホホホー




さてさて。

生パスタ♪

今回は「パッパルデッレ」とかいう、ほうとうみたいな太い麺です。

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪

こちらを「牛モモミンチのトマト煮込み」ソースでいただきました
*私の備忘録的なレシピ一番下に乗っけましたのでよろしければどうぞ~

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪


何これ??すっごくおいしい~

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪

だんなさまは、「おいしすぎてなくなるのがもったいない」と、

訳の分からないことをノタマワリ、

なぜか1本だけ残しておくという行動に出ました。

草食人間を通り越し、冬支度をする小動物(多分リス)のようです。




こちらはお友達からおしえてもらった

「パルメザンチーズのチキングリル」

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪

これ、チョー簡単なのにすっごくおいしいんです!

SBとかの粉のパルメザンチーズ(あえてパルミジャーノ・レッジャーのではなく)

くっつけて焼くだけです。



①鶏モモ肉の皮面にまぶし付けてくっつけます。
 *はがれやすいので、ここはがんばります

②皮面を下にして、フライパンの弱火でじっくり焼きます。

③鶏から脂がにじみ出てきたら、その都度キッチンペーパーで拭き取ります
                     ↑ これ重要!!

④皮面がきつね色になったら、裏返します。

⑤全体に火が通るまでじっくり焼きます。
 *途中蓋をしたりしながら、20分くらいかけて焼きました

⑥最後に皮面をもう一度じっくり焼き、パリッとしあげます

味は、粉チーズだけですが十分美味しいです♪

物足りない方は、塩を振ってから焼いてもいいかもしれません。

カリカリジューシーでおいしいですよ♪

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪


サラダたち

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪


カプレーゼは、今回バジルがなくて葉っぱを飾ってしまた…

  前回ずいぶん前に作った時のちゃんとしたものはこちら → 

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪


春菊は生でもおいしいです^^

オリーブオイルとワインビネガー、塩こしょう

そして、カラスミを少々削りました

joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪


パンは…発展途上中です
joli!joli!のおうちごはんとおかしとねこ♪





「牛モモ肉のトマトソース」

ー材料ー

牛モモ肉・・・・・・・・200g
タマネギ・・・・・・・・2個
ニンニク・・・・・・・・1かけ
湯剥きトマト・・・・・・2個
トマトピュレ・・・・・・100gくらい
フォンドボー・・・・・・大さじ1
赤ワイン・・・・・・・・100cc
ローリエ・・・・・・・・1枚
塩・・・・・・・・・・・適宜
こしょう・・・・・・・・適宜
オリーブオイル・・・・・50cc

※パルミジャーノ・レッジャーノ(適宜)


ー作り方ー

①ニンニク、タマネギをFPでみじん切りに

②とりだしてから、牛モモをFPでミンチに

③STAUB鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて火にかけ
 香りがでたらタマネギを入れて少し色づくまで炒める

④そこへ牛ミンチを入れて炒める

⑤赤ワインを入れてアルコールを飛ばす

⑥残りの材料を入れてコトコト30分、
 時々混ぜながら弱火でじっくり火を通す
 
⑦大事なことを忘れてました!
 最後に、パルミジャーノ・レッジャーノの塊を
 スリスリスリスリしまして、全体に混ぜ込みます。
 ここは、贅沢に「塊」をお勧めします!!