こんばんはjoli!joli!です


日曜日の大切なお客様は

半年前に辞めた職場の、Nさんと鬼教官さまでした


あ、鬼教官さまとは、仕事をしていた時の私のボスです

仕事の鬼ではありますが、ただの猫好きさんです 

ご興味のある方はどうぞー → 


鬼教官さまのリクエストが「和食」だったので

私の中で、手間とタイミングが大変だ

と、出来る限り敬遠している

「おもてなし和食」

と、久しぶり
(2年振りくらい?)に向き合いました



ではでは

写真だらけですが、よろしくお願いします



物寂しい中途半端な全景ですが…

お客様の時はつい写真を撮り忘れちゃいますねー





***前菜***

「ホタルイカの酢みそ和え」「筍の木の芽みそ和え」





***お椀***


「サーモンムースのゼリー寄せと蕪の冷たい和風ポタージュ」





パカッ




スガハラさんのガラスのお椀がお料理を引き立ててくれますー


蕪で作ったチョウョは*manaco*さんのブログを見て

作りたいーって思ってたんです

ちょうどいいタイミングでおもてなしだったから早速乗っけました


ムースにしたサーモンを

彩りのパプリカやミニトマトやインゲンと一緒に

アガーを使った出汁ベースのゼリーで固めたものを

お出汁で煮た蕪をペースト状にしたポタージュの上に乗せました

これ、だんなさまが大好きなんですー

見た目が華やかな割に、作るのは案外簡単なんですよ♪




***焼き物***

「塩麹漬けの焼き鮭と酢蓮根」



あ!この器、自分で作った物なんですー♪




***揚げ物***

「ささ身の韓国海苔とチーズのロール」





「南瓜とベーコンとチーズの春巻きスティック」





***煮物***

「筑前煮」





「豚の角煮と菜の花」







その後

「筍ご飯」「あさりの赤出し」「デザート」で〆たのですが

写真を撮り忘れたのデス…





そこで

翌日のお昼ご飯に、残り物でちょこっと再現しました♪




残った筍ご飯は、鬼教官さまに持って帰っていただいたので

白ご飯に木の芽を乗っけて雰囲気だけ…

これが筍ご飯だったのかーと想像してやってください




豚の角煮が薄味すぎたので、お醤油を足して煮込みなおしてみた

お客様に出す時に、味が決まってなかったという…



あ、この器も自分で作ったものですー




***デザート***

「あまおう苺&宮崎のきんかんたまたま」






以上、おもてなしのお料理でした




食事中何度も席を立ち、猫と戯れたがる鬼教官さま



「両手に猫」と、嬉しそうにたま男とひな子をなでなでしてたら

写真を撮ろうとした途端たま男はどこかへ行ってしまいましたー

ひな子が終始お相手しておりました


猫アレルギーで目がシバシバしてるのに

久しぶりの本物の猫を触りまくる鬼教官さまでした





いただいたおみやげ


Nさんからは、和歌山土産の柚子みそとチェリーのジャム

パンケーキにチェリー乗っけて食べたーい





鬼教官さまからは、謎のブラジル土産





これを使った日本らしい料理を作って

画像を提出することになっています

ブラジルのご友人に「日本人はこう使う」といって送るそうです

仕事を辞めても課題がありました

さすがです!

さすが鬼ですね






長々とおつきあいいただきありがとうございました