1月4日に行った京都の続きです

( ①はこちら →  )





一保堂茶舗さんで、おいしいお茶とお菓子をいただいたあと

京都御苑に行く道すがら

ひと気がない場所に、行列を発見




手打ちそば「花もも」

お腹も空いていたので、ここらでお蕎麦でも食べようか

とういうことで並びました





並んだでみたものの、全然進まない

進まないけど、ここまで並んじゃったし…

というわけで、我慢強く並ぶこと40分
(今思えば、無駄だった)


ようやく中へ入れましたぁ





寒いと言うのに

だんなさまは、ざるそば

冷たいおそばが好きなんだそうです(私もです)






私は、温かいかけそば






寒い体にほっこりと、おいしかったですー







その後、京都御苑へ








京都の観光地の喧噪から離れて

静かでとっても落ち着く場所でした

写真がイマイチなのでアレですが…こういう雰囲気大好きです







ここへ来た目的は「蛤御門」







禁門の変の時にはここが攻守の要地となったんですねー







梁にはその時にできた弾傷らしきものもあるそうです

柱にも穴があいてたけど、これは違うのかな??





京都御苑を出たあとは、二条城を目指しました

お正月の2日~4日は、庭園が開放されているとのことで

行ってみたのですが

すでに閉門してました

寄り道しすぎました






二条城は、また今度行くことにして




二条城のほど近くに

若狭小浜藩邸跡がありました

最後の将軍になった徳川慶喜公が

幕末の動乱期に住んでいたところだそうです









いやぁ、ここまでよく歩きましたー

だいぶ疲れたし

ここですでに4時を過ぎていたので

寒くなるし帰ることにしました




帰り道の途中に

三條若狭屋」さんがあったので

おやつを買って帰りました


お正月に食べ損ねていたので

花びら餅と







定番の、ちご餅




これ、3本378円と買いやすい値段だし

ちょっとしたおやつにぴったりなので

つい買っちゃいます♪





翌日は、買って来たお茶とお菓子をいただきながら

「次は壬生に行こうね」と、ウキウキお話したのでした





趣味のないだんなさまでしたが

私が、にわかに幕末にハマったおかげで

一緒に京都の歴史探訪散歩ができて楽しいようです♪

京都楽しいなぁ

京都に住みたいなぁ





そして

夢中で歩いたのがたたったのか

この2日後に、ぎっくり腰を発症するのでした


今は、だいぶ良くなりました