それなりの時間になると

自分のごはんの場所と私との導線を結ぶ線上に無言で座り込み

そして、威圧してきます







こちらの気配を見逃さないように注意深く座りこみます







無視し続けると

右を見たり







左を見たりと、そわそわするけど







体は微動だにせず、こっちを見張ってます






\ ねぇ、そろそろごはんじゃない? /


( ↑これ、なにか食べ物が欲しい時の顔 )






いえ、まだなんですけど…






\ … /






この頃、食いしん坊がすぎるので

気をつけなくちゃです